偏頭痛がどうしても引かないなら食べ物で和らげよう

健康に良いドリンク

スムージー

含まれる栄養の特徴

グリーンスムージーとは、緑色の野菜で作るスムージーのことです。使用する材料は緑色の野菜が中心ですが、飲みやすいように甘味のある果物を数種類加える場合もあります。グリーンスムージーには、野菜や果物由来のビタミンが豊富に含まれています。また、グリーンスムージーを飲むことで緑色の野菜に多く含まれるカルシウムや葉酸などの栄養素も効率的に摂取することができます。その他、便秘の改善に最適な食物繊維もふんだんに含まれています。グリーンスムージーは野菜の割合が高いことから、糖質が少なくカロリーが抑えられるという特徴があります。それでいてビタミンなどの栄養素が多く含まれているため、ダイエット時の飲料としても最適です。

作る際の注意点

グリーンスムージーを作る際には、水の代わりに牛乳などの動物性タンパク質を加えないことが大事です。動物性タンパク質が加わることで、ビタミンの吸収率が悪くなるのです。そのため、ミキサーで野菜や果物を混ぜる際には水や氷を使用するようにします。ただし、氷の量が多いと体が冷えてしまうため加える際には分量に注意する必要があります。野菜の分量が多いと苦くて飲みにくいという場合には、果物の割合を増やすことで味を調整することも可能です。しかし、オレンジやバナナなど糖質が高い果物を沢山使用してしまうとカロリーオーバーになってしまうためダイエット中の人は気を付けるようにします。野菜や果物の組み合わせ次第で栄養価が飛躍的にアップします。栄養価の高いグリーンスムージーを楽しむためには、栄養学を学んで野菜の性質を知る必要があります。